型崩れを防ぐ!アイテムに合うハンガーを選ぶ

収納方法と身だしなみ

洋服は日頃からきちんとお手入れしながら、きれいにしておくことが大切です。例えばメイクや髪型を綺麗に整えていても、シワだらけのシャツやシミのあるスカートだと、清潔感に欠けだらしない印象を与えてしまう可能性もあります。身だしなみを整えるためにも、きちんと洗濯することはもちろん、それぞれのアイテムに合った収納をしていくことが大切です。 帽子の場合は、棚などに置いて収納するとスペースをとってしまいます。だからといって重ねてしまうと型崩れしてしまい魅力が台無しになってしまいます。そのため、壁に欠けてみたり棚にフックをつけて吊るして収納することで、型崩れしないことはもちろん、見た目もおしゃれで無駄なスペースを取らない収納をすることができます。また、帽子用のハンガーを使用すると、より綺麗な形で収納することがでるのでおすすめとなっています。

掛ける収納ではハンガー選びも大切

ジャケットやシャツなどは、折り畳んで収納すると折り目部分にくっきりと型がついてしまうため、掛けて収納するのがおすすめです。掛ける収納で型崩れさせないためには、ハンガー選びも大切です。ハンガーを選ぶ際に注目したいのが幅です。幅のない細いハンガーは、衣類を欠けた際に支える面が少なく一点に集中するため支えきれずに衣類が延びてしまう原因にもなります。幅のあるものなら、安定して支えることができるので型崩れの心配がありません。 ハンガーは木製のものやプラスチック製のものなどさまざまな素材が使用されています。この中でも木製ハンガーは、型崩れしないだけでなく、防虫効果や防臭効果、湿気を調整するといった魅力的な効果まで備わっています。ニット用やボトムス用といったアイテムに合わせたものもあるため、衣類に合わせたハンガーを使って衣類の型崩れを防ぐようにしましょう。