洗う前に確認!洗濯表示を見る

洗濯表示でわかること

自宅で衣類を洗うときに、洗濯表示をチェックしているでしょうか?なんとなく、洗濯ネットに入れれば洗濯機で洗って大丈夫、と思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、間違った方法で洗濯をすると、色が落ちたり、縮んだりして、お気に入りのセーターやワンピースが着れなくなってしまうこともあります。 そうならないために、洗濯前に洗濯表示の確認が必要ですが、実は、2016年から新しい表示になっています。新しい洗濯表示でわかるのは、「洗濯」「漂白」「乾燥(自然乾燥/タンブル乾燥)」「アイロン」「クリーニング(ドライクリーニング/ウェットクリーニング)」の大きく5項目です。表示に使われる記号の種類は従来の22種類から41種類に増え、より細かい表示になっています。しかし、全ての記号の意味を覚えておくのは大変ですし、表示の確認にあまり時間をかけたくはありません。そこで、洗濯前に最低限確認するポイントを紹介します。

洗濯表示確認のポイント

まず確認すべき点は、自宅で洗濯ができるかどうかです。「洗濯」マーク(洗濯桶)に、バツ印がついていなければ自宅での洗濯が可能、手のマークがあれば手洗い、手のマークがなければ洗濯機OKとなります。もし、マークの下に横線がついていれば、弱く洗う必要があります。なお、水温上限も数字で表示されていますが、お湯を使わないのであれば問題にはならないでしょう。

次に大切なのは、「乾燥」マーク(四角)です。洗濯機についている乾燥機を使う場合は、マークにバツ印がついていないことを確認します。自然乾燥の場合は、脱水をしない「ぬれ干し」の表示(縦もしくは横の二重線)がないか、注意をしましょう。その他、漂白剤を使う場合は「漂白」マーク(三角)にバツ印がついていないか確認をします。

ここまでが、洗濯前の最低限の確認点です。少々面倒くさいかもしれませんが、洗濯表示を確認する癖をつけて、大切な服を長く着られるようにしましょう。