黄ばみを防ぐ!収納する前に洗う

黄ばみが発生してしまう原因

お気に入りだった白いシャツやニットまた淡いピンクなどの洋服、衣替えの時に黄ばみを発見してがっかりしてしまったという、経験を持つ方も多いのではないでしょうか。黄ばみが酷いとクリーニングに出しても、落とせないことがあるので注意が必要です。黄ばみの原因は人間の皮脂と言われています。

皮脂が酸化して黄ばみとなって現れるのです。着用した度にお洗濯をしていても、繊維の奥深くに入り込んでしまった皮脂がそのまま残ってしまい、黄ばみになるケースがあります。繊維に残った汚れは時間が経つにつれ出てきてしまう性質があるため、収納した時は問題がなかったのに衣替えの時に久しぶりに出してみたら黄ばみが出来ていたということが起こります。

黄ばみを予防するポイント

洋服の黄ばみを予防するためには、収納する前にしっかりとお洗濯をして皮脂を落としておくことです。普通に洗濯機で洗うだけでなく、つけ置きして繊維に入り込んだ皮脂をなるべく落としておくと黄ばみ予防につながります。黄ばみは特に気になりやすい襟まわりは、液体酸素系漂白剤を、直接塗布したりつけ置きして洗うと良いでしょう。

重曹でつけ置きするのもおすすめの黄ばみ対策です。重曹はアルカリ性で皮脂は酸性ですので、重曹につけ置きすることで皮脂を中和させ落とすという仕組みです。重曹は水に溶けにくいのでぬるま湯やお湯を使用しましょう。しっかり洗い流さないと服への白残りが起こる可能性があるので、その点は注意が必要です。また天然素材に重曹を使用すると変色に原因となるため、その点も気を付けましょう。